WORKS

狭小住宅 > Works-kyousyou


敷地間口5.5M以下 もしくは 敷地面積100u以下の事例を まとめてみました。
S-cape houseS-cape house

S-cape house < NEW !! >

モノトーンな感じで、箱型の家が好き・・・。と、ご夫妻。
場所は古くからある集落の中の狭小地。
余計な装飾は排除し、できるだけシンプルな箱に・・・
デザインしました。

名古屋市南区

SS-stadiumSS-stadium

SS-stadium

「小さくても、かっこよく、楽しい家・・・が、欲しい。」とご夫妻。 狭くても、広がりのある、遊び心のあるような、ゆとりある家にしたいと・・・。23坪の狭小地に建つ、
小さくても、広く、おおらかに暮らせるスタジアム。

名古屋市中村区

いろはのいほりいろはのいほり

いろはのいほり

「都市部の狭小地であっても『光と風』の溢れるナチュラルな家にしたい・・・」とご夫妻。「小さくても広い庭」を設け外部の吹抜け空間と見立て、そちらに開く形で各室をレイアウト。 庭に向けた大開口の窓からは「光」「風」「緑」があふれ、「ゆっくり流れる時間」を感じられる空間構成としました。そして、その中心にはイロハモミジを抱える家に・・・。

名古屋市瑞穂区

Hat-Roof HouseHat-Roof House

Hat-Roof House

20坪の敷地に斜線制限をかわしながらの計画。全体高を抑え、通常の2F建に越屋根型ロフトを載せた形状に。北側で暗くなりがちな玄関ホールに、 上下の連続性と明りをもたらす様、あえて吹抜けではなく床にグレーチングを設けることにより貴重な床面の欠損を防いでいます。 2Fのリビング〜DKは天井高に変化のある空間構成としました。

名古屋市中村区

中村町の家中村町の家

中村町の家

狭小地に建つ3階建住宅。限られた敷地の中で「光と風」を取り入れ、かつ、上下に広がったボリュウムの連続性を持たせる装置として3層の吹抜けを設けました。 吹抜けを通る光と風は季節により、そして時間により、その表情をかえ暮らしを楽しませてくれます。

名古屋市中村区

Black & WhiteBlack & White

Black & White

黒と白。光と影。内と外。和と洋。プライベートとパブリック。それぞれ対称的なものを対立させるのではなく、重なり、調和、融合させることを意図しました。

清須市

三層Voidの家三層Voidの家

三層Voidの家

北西角の狭小地にお父さんと新婚さん若夫婦の世帯が住む家。長年住んでこられた2階建て住宅は「暗く風通しも悪かった。」とお父さん。光と風、そして家族の声が家中に届くように三層のVoid。近い将来、このVoidを通して聞こえる子供の声が楽しみな家。

瀬戸市

Silver BoxSilver Box

Silver Box

ご家族は、ご夫妻と2歳になったばかりの三つ子ちゃん。子供たちの成長と伴に家は色付いてゆく。だからこそ、できるだけシンプルにデザインしました。

名古屋市南区

BarBar-houseBarBar-house

BarBar-house

"シンプルイズベスト"をキーワードに、機能的で無駄のない設計を実現。シックにまとめられ、店内は明るく清潔感に溢れる居心地のいい空間です。親子二代で展開される同店は、幅広い客層にも対応。2、3階は二世帯住宅でつくられています。

名古屋市中村区




Copyright(C) 2018 Kei Archi All Rights Reserved.